きのこのきもち

しばらく更新ストップしまーす

2017:July

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

2009.04.15 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.04.05 Sunday

That's 談。

↑こういうギャグ考えるの結構好きです。



 現実の世界でタイプな人と言ったら、因島出身の某バンドの黒髪ボーカルさんな訳ですが。



漫画か小説でタイプな人と言ったら…
大谷とかヨウとか高田くんとかコウちゃんとかいっぱい居るけどさ!

今まで色々読んできた中で一番ずきゅーんときたのはハーヴェイだなーと最近思いました。



うん、だからそういう方向の話だから、
そっちに抵抗感を持つ人はこの先読まない方が宜しいかと。



ハーヴェイが出てくるのは、「キーリ」って作品です。
小説ですけど。ラノベですけど。
度々このブログでも名前を出す「壁井ユカコ」さんの作品です。


出会いは中学の図書室でした。
「キノの旅」に出会えて、
(あ、『こっちの方向の』作品も面白いのかもしれない)
と思えてきた頃に、この本も見つけたから試しに借りたの。


1,2巻ら辺は軽く読んでただけなんだけど、それ以降から、話の深さとか色々はまりまして。

卒業したら読めなくなる!って気づいて
自分で買って集めた、って話です。


ちなみにキノの旅もそんな感じで集めました。
(こっちはまだ完結してないけど。)
新津さんにはまったのも中学の図書室のおかげだ。
図書室に置いてあった文庫コーナーの小説は一応全部読んだからね(笑



話を戻すか!
あれほど完璧なツンデレ×ヘタレは居ないと思う。
てかツンデレとヘタレを好きになったのもこの人のおかげだと思う。


ツンデレは意味が違うか・・・なんていうか・・・天邪鬼な性格なんだよ。
普段むすっとしてるのに、さりげない所で優しいんだよー・・・うん、ツボだ。
軽くキュンときます、あれは。

ああ・・・でもヘタレなら浅井さんの方が上かも知れない・・・
(↑同じく壁井さんの作品のキャラ)


たとえ話を書こうかと思ったけど長くなるから止めた。
とりあえずみんな読めば良いのに。


ちなみに最終巻のラストら辺で号泣したぜ☆


あー、色々書いてたらまた読み返したくなってきた。
まだ手を付けてない十数冊を読み終わったらまた読もう、うん。
いつの話になるんだろう。

晴一さんが影響を受けたと言われるノルウェイの森、とかね。


あ、因みにハーヴェイは人間じゃないです。不死人です。

2009.04.15 Wednesday

スポンサーサイト

Comment

Form